◇2010/07/31 Sat◇

私流コーヒーの楽しみ方


ここ数年コーヒー関係の本が大量に出てきて
コーヒー好きとしてはうれしい反面、
なんかむずがゆいような違和感があったりで
素直にその流れに乗れない状況にあったりします。

私ゃ高校生ぐらいの時には
そりゃカッチコチのコーヒーマニアとして
非常に排他的な楽しみ方をしていました。

ネルドリップじゃないとダメーとか、
缶コーヒーなんてコーヒーじゃない! とか、
自家焙煎してない奴に豆を語る□はない! とか。
コーヒーに関しては、それはそれは
いやな奴として過ごしていたわけです。

その後大学に入り、勤め人になりと年月を経る内に
缶コーヒーには缶コーヒーの楽しみ方があったり、
ドリップもいろんな方法を試す楽しみ方と、
日頃は簡単に淹れることで気軽にコーヒーを飲む楽しみ方とか
いい感じにいろいろ楽しめるようになってまいりました。

それで、昨今のコーヒー関係の本について。
出版されているのはおおざっぱに
カフェに関してお店紹介を中心にしている本と、
プロフェッショナルコーヒーを中心に高級品種について書いてる本、
あとは、コーヒーに飲み物としてや植物として、文化として切り込んでいる本と
コーヒー健康法のたぐいのちょっとアレな感じのやつなんかに
分類されると思います。

この中で先に挙げたカフェについての本と
プロフェッショナルコーヒーについての本、
こういうのにやたらと“こだわり”ってのが出てきて
ウゼーななんて思っているわけです。

まあ、カフェってのは喫茶店と違って
コーヒーが中心ではないのであれこれ言う気はないんですが、
プロフェッショナルコーヒーの方。

この“こだわり”ってのが無駄にコーヒーを難しく感じさせている。

コーヒーの豆について四の五の語ったあとに
ドリップの仕方についてご講義が始まり、
そして味わい方についてぐだぐだと始まるわけです。

そんな老人の盆栽講釈みたいのに付き合いながら
飲むようなもんじゃないんですよコーヒーって。

新鮮な豆を、さっと淹れて、ゆっくり楽しむ。

この程度でいいんではないかと思っているわけです。

新鮮な豆がなければインスタントでもいいわけですし、
出先でコーヒーがのみたきゃ缶コーヒーだってあるわけですから。
肝心なのは、いろんなのを楽しめることだと考えてます。

私の家の場合、大量消費するのと自分好みの豆が手に入りにくいのとで
自家焙煎を渋々していますが
(いくらコーヒー好きでも定期的にやるとメンドーなもんなんですよ)、
自分好みのコーヒーが近所の喫茶店にあれば、
そこのコーヒー豆を買ってきて使うというのも有りだと思います。
やっぱり喫茶店ってコーヒーのプロですから、
当たりはずれはありませんし。

自家焙煎でやっていて、あれこれ試していると
時として自分の好みと正反対な豆ができたりして
うまくいかないもんだなとおもしろがったりしていますが、
そういうムラが嫌いな人は喫茶店の豆がベストです。

あと、どこの本でも書かれてないことなんですが、
コーヒーを楽しむために一番重要なのは自分好みの味を見つけることです。
これはコーヒーだけじゃなくってお酒なんかでも言えるのですが、
自分好みの味を見つけて、そこを掘り下げつつ幅を広げる。

たぶん、これが一番コーヒーバカとして成長する早道であり、
コーヒーへの造形を深めるための王道ではないかと考えています。
職業でやる人間だと、こんなやくざなやり方じゃなくって、
もっと体系だって全方向に根っこを貼らなきゃいけないんですが、
珈琲同好会レベルだったら自分の好きなのを特定できれば最高なんではないかと。

それで肝心の自分好みの豆の探し方ですが、
これはともかく喫茶店でいろんな種類で量を飲むこと。
その中で自分で感じた好きな味嫌いな味を整理して好きな味を深めていく。
喫茶店のオヤジに「こんな感じの豆って何ですかね?」なんて聞きながら
あれこれ試して見るのが一番のやり方だと思います。
オヤジさんとかもその道のプロですから、
コーヒーとちゃんと向き合おうとしている人を邪険にしたりしません。
邪険にするような店だったら、そのまま出て行っちゃってもいい。
場合によっちゃあれこれ講釈タレながらコーヒーを出してくれるんで、
そういうのを聞きながら自分の舌に経験値を積み上げていくのが
コーヒー飲みとして一番の成長方法だと思っています。

このときできれば避けたいのがネットで情報を集めること。
ネットの情報は割といい加減で、
書いている人の味覚を疑いたくなるような感想なんかが出てたりします。
目標がプロとしてブレのない味覚を身につけるんであれば
いろんな資料や評価チャートなんかを覚える必要もありますが、
自分の好みを探すだけならそんなのは必要ありません。
この味好き、嫌い、ってのがはっきりしていればいいだけですから。

できるだけ多くのコーヒーを、ちゃんとした喫茶店で飲み、
自分好みを見つけたら店のオヤジさんとかに聞いて
似たような味の豆を試していく。
そして、自分好みの豆を中心にして試す幅を広げると
コーヒー茶人としていい感じになれるんではないかなと思っています。




追伸
この文章もネットの情報なんで「割といい加減」な内に入りまっせ。


1/1
 トラックバック
 コメント
  • 長年ほうっておいたフレンチプレスが復活!
    RichardLek (08/21)
  • 長年ほうっておいたフレンチプレスが復活!
    Wesleykib (07/27)
  • 長年ほうっておいたフレンチプレスが復活!
    hama (04/29)
  • 長年ほうっておいたフレンチプレスが復活!
    かわうそ (04/25)
  • <森毅さん>料理中に大やけど 服に火移り【毎日新聞】
    hama (03/04)
  • <森毅さん>料理中に大やけど 服に火移り【毎日新聞】
    マグ (03/01)
  • フェアトレードコーヒーについて調べたんでまとめて掲載
    hama (01/28)
  • コーヒーは適量を摂取するとアルツハイマーの発症リスクを押さえ、過剰に摂取すると幻覚症状を起こしやすい。らしい
    hama (01/27)
  • コーヒーは適量を摂取するとアルツハイマーの発症リスクを押さえ、過剰に摂取すると幻覚症状を起こしやすい。らしい
    かわうそ (01/25)
  • まばたき
    hama (12/08)
 Archives
 今までの文章
 SITE FEED

 RSSリーダーで購読する