◇2005/06/05 Sun◇

ある夜のこと


「自分年少(少年刑務所)入ってたんッスよ」

イベントの打ち上げで居酒屋に流れ、
一通りの会話が消化された後。
一緒に飲んでたSがトイレで知合い、
こちらの席になだれ込んできた少年が
話の流れで出してきた告白だった。
トーンとしては、極めて軽く、隠すまでもなく
自分のキャリアの一部をさらけ出したまで、
といったものだ。

肩口に入れている昇り龍の入れ墨を
汗が被れてかゆいのか無造作に掻きながら
いろいろと今までの経歴を紹介してくれた。
思い出す順に
・万引
・違法駐車
・飲酒運転
・未成年の飲酒・喫煙
・不純異性交遊
・ゆすり、たかり
・傷害
・窃盗
・強盗
・保険金詐欺
・殺人(たぶん幇助)
となる。

彼は今、18歳で解体業として勤め
30万近い収入のうち10万を母親、
そして6万も同時に渡し一日2千円ずつ渡してもらい、
残りの金を車のローンや肩の彫物の金に当てているという。

極道との繋がりもつよく、
上下関係がしっかりとたたき込まれているためか
一回り近く上の我々には極めて丁寧に、
そしてフランクに接してくるのだった。

「いやあ、(昔に比べ)落ち着いたもんッスよ」
ぐりぐりの坊主頭の下で酒精に解け始めた眼の上に
ちょこんとのっかった細い眉毛を怒らせ、
デキャンタで頼んでおいたワインを
真夏の麦茶みたいに一気に飲み干しながら語っていた。
こちらの席に来たときは、グラスからガブっと
ワインを口の中に流し込み、
それを歯茎の間を泳がしながら呑んでいたので
酒慣れしていると踏んだのだが、そうでもなかった。

仕事柄か程良く焼けた肌には
ようやく剃刀を使い始めたと思われる
よちよち歩きの髭の後が残っていた。
朝やけを迎えても伸びる気配は見せない。

だんだんと気勢があがってきて
彼が一緒に呑んでいる仲間(17才×2)を
こちらの席に呼び寄せ騒ぎ始めた。

キャバクラで覚えたであろう
原色の安っぽい喧噪を撒き散らしていたと思えば、
23言悪態をついた後泥酔の眠りに落ちていった。

ボックス席の出口を塞ぎテーブルにつっぷす。
叩けど揺すれど起きる様子はない。

楽しい夜であった。





1/4 >>
 トラックバック
 コメント
  • 長年ほうっておいたフレンチプレスが復活!
    RichardLek (08/21)
  • 長年ほうっておいたフレンチプレスが復活!
    Wesleykib (07/27)
  • 長年ほうっておいたフレンチプレスが復活!
    hama (04/29)
  • 長年ほうっておいたフレンチプレスが復活!
    かわうそ (04/25)
  • <森毅さん>料理中に大やけど 服に火移り【毎日新聞】
    hama (03/04)
  • <森毅さん>料理中に大やけど 服に火移り【毎日新聞】
    マグ (03/01)
  • フェアトレードコーヒーについて調べたんでまとめて掲載
    hama (01/28)
  • コーヒーは適量を摂取するとアルツハイマーの発症リスクを押さえ、過剰に摂取すると幻覚症状を起こしやすい。らしい
    hama (01/27)
  • コーヒーは適量を摂取するとアルツハイマーの発症リスクを押さえ、過剰に摂取すると幻覚症状を起こしやすい。らしい
    かわうそ (01/25)
  • まばたき
    hama (12/08)
 Archives
 今までの文章
 SITE FEED

 RSSリーダーで購読する